ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニュー フッタへ

取締役常務執行役員 三宅 修平

取締役常務執行役員 三宅 修平

先輩、同僚と切磋琢磨しながら新しい技術分野にもどんどんチャレンジしたいという人、大歓迎です。


原子力事業について

当社は三菱重工グループの原子力事業における設計業務の一翼を担っています。「原子力の設計」と聞いて皆さんはどんな仕事を思い浮かべるでしょうか。やはり、核分裂反応や放射線を扱うための設計といったイメージが先行するのではないかと思います。もちろん、核燃料や炉心の設計は欠かせないものですが、原子力発電所は原子炉で発生した熱から電力を発生させるという巨大なエネルギー変換プラントです。当社は、原子力発電所のシステム設計並びに関連装置の機械設計や電気・計装設計、プラント全体の挙動解析と炉心・安全設計など、広範な技術分野の設計業務を実施しています。

原子力事業の魅力

役員からのメッセージ原子力発電は人類の英知とあらゆる分野の先端技術を結集した複合システムであり、社会基盤を支える設備です。原子力プラントは40年から60年に亘って稼働します。私たちの仕事はまさに「歴史に残る仕事」と言えます。当社では、安全で信頼できるプラントを設計するために、3D-CADなどの各種設計ツールや、構造解析や熱流動解析における最新の数値シミュレーション技術も駆使し、AIやVR等の先進技術にもトライしており、技術の進歩を実感できます。また、業務によっては製造、据付け、アフターサービスなどで自分が設計したものに直接触れることができるのも魅力です。

求める社員像

原子力事業に携わる技術者に求められるのは技術への探求心や向上心に加えて、強い責任感です。技術に対して正直に向き合い、疑問点はそのままにせず仲間や上司と徹底的に議論して確実に解決していく姿勢です。原子力、機械、材料、電気、情報と分野は問いませんが、工学的な素養に加えて、周囲の人たちとのコミュニケーションを絶やさず自身を成長させたい、そんな積極的な人材を求めています。

今後の展望

自然まかせで出力が変動する再生可能エネルギーと違い、安定した電力をCO2フリーで供給できる原子力発電の有用性は世界で認められています。国内でも三菱グループの手掛けた発電所の多くがその安全性を認められて再稼働を果たしており、私たちの生活や産業を支える基盤インフラとして原子力はこれからも重要な役割を果たしていきます。さらに、当社は原子力事業で培った高度な技術基盤を基に原子力以外の分野にも展開を進めています。

就職活動中の皆さんに送るメッセージ

役員からのメッセージ当社は入社後に原子力の基礎知識をはじめ、さまざまな技術教育の機会を用意することはもちろんのこと、今後の世の中を見据えて自らを磨き成長してもらうため、先輩、同僚と切磋琢磨しながら業務できる環境を提供しています。学校で学んだ専門知識を仕事に活かしたい方だけでなく、新しい技術分野にもどんどんチャレンジしたいという人には多様な技術で成り立つ原子力事業はうってつけだと思います。挑戦者は大歓迎です。