ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニュー フッタへ

取締役常務執行役員 沼田 啓治

取締役常務執行役員 沼田 啓治

好きほど強いものはない。大好きになれそうな仕事を選んで、明るく元気よく。


油圧ショベル事業について

1961年、国産初の油圧ショベルの生産が新三菱重工業明石工場で始まりました。当社油圧ショベル事業はその設計を支援する部門として1965年に発足し、その後支援先の三菱重工業(株)が世界最大の建設機械メーカCaterpillarと手を組んで、支援先は現在CJL(Caterpillar Japan Ltd)に変わりましたが、NSエンジの明石事業所は一貫して油圧ショベル開発のお手伝いをしてきました。開発支援している油圧ショベルは、機械重量10トン級から90トン級まで、シェアは世界トップクラスです。その開発の多くはCJL明石で行われており、設計・製造のマザープラントと呼ばれています。明石で作られた図面により、世界各地で製造され、世界のあらゆる現場で働いています。

油圧ショベル事業の魅力について

役員からのメッセージ油圧ショベルは、“はたらくくるま”として昔も今も子供たちに人気者です。その動きは、機能的で力持ちですが、滑らかで、理屈抜きに見ていて面白い。家の建築から大規模な社会インフラ工事、災害復興まで、建設機械の社会貢献の重要性や将来性は疑う余地はないと思います。1台の油圧ショベルの中に機械設計要素や電気・制御設計要素の主なものがすべて含まれているといってもよいほどで、品質など現場でのものづくり、英語での設計打合せなども含め、理工系視点で非常に面白い対象だと思います。今、自動車がどんどん安全、自動化に動いていますが、同じように、油圧ショベルも丈夫で沢山仕事をして低燃費はもちろんですが、無人施工なども含めてトータルのソリューションが議論されるようなスマートなマシーンに変貌を遂げつつあります。設計の仕事も近い将来、3Dモデルをより駆使して仮想現実の世界でどんどん開発から製造まで進んでいく、きっと楽しみながら社会貢献、技術屋度アップが実感できる仕事に形が変わって行くのではないでしょうか。

求める社員像

役員からのメッセージエンジニアリング会社ですので、自分で考えてモデルや図面化し、改良工夫して製品になることに喜びを感じられる人、機械を動かす油圧回路や制御回路を考えて、想いの通り動くまで楽しく頑張れる人が向いていると思います。幸いモノづくりの工場や機械を操作する試験場はすぐ近くにあります。自分の知識を増やす様々な教育を受ける機会も多いので、前向きに能力アップを考えるに方にはきっと良い職場だと思います。また、支援先部署によっては、英語でコミュニケーションをとる機会も多くあります。英語のできるグローバルな技術屋さんを目指す方にも最適です。

就職活動中の学生に送るメッセージ

いろいろ迷うことも多いと思いますが、好きほど強いものはないと言います。大好きになれそうな仕事を選んで、明るく元気よく技術立国日本を背負っていってください。最後にひとつ。油圧ショベルと向き合っている人たちは、支援先の方も含めて明るくて親切です。悪くないと思います。