ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニュー フッタへ

AutoCADピンポイント講習(詳細)

「AutoCADピンポイント講習」全12コースから、自由に組み合わせて、お客様にとってベストな講習を受講いただけます。コース選択に迷った場合は、講師が丁寧にご説明いたしますので、お気軽にご相談ください。

AutoCADピンポイント講習

下記コース(各2時間)からお客様に必要な機能の講習を組合わせて選択受講いただけます。
どのコースを選べばいいか?を迷ったらコチラ AutoCADピンポイント講習の選び方

「期日指定 講師おすすめの8コース」はコチラをチェック!

AutoCADピンポイント講習(全12コース詳細)

日程 1コース 2時間
最大3コース(9時30分~16時30分)まで選択可
時間 1コース  (1)10時00分~12時00分 又は (2)13時00分~15時00分
2コース  (1)10時00分~12時00分 (2)13時00分~15時00分
3コース  (1)9時30分~11時30分 (2)11時30分~14時30分 (3)14時30分~16時30分
講習内容 短時間で必要な機能だけをじっくり習得したい方のためのコースです。
現状のCAD操作を見直し、作図効率をUPできる機能をお客様の業務に合わせてご提案致します。
必要なコースを組み合わせてご受講頂けます。
対象者
  • AutoCAD基礎コースご受講済の方
  • よく使う機能だけ習得したい方
受講料 こちらをご参照ください。
開催日 お申込み後、ご希望に沿って日程調整させて頂きます。

どのコースを選べばいいか?を迷ったらコチラ AutoCADピンポイント講習の選び方

AutoCADピンポイント講習コース一覧

ID コース名 コース詳細 備考
A AutoCADの使い方の
コツ・技
その1
  • アイコンをクリックしないコマンドの実行方法
  • 他図面の設定やブロックをコピーするのにDesign Centerを使う
  • いろいろな選択方法【すべて・最後・直前、条件指定した選択など】など
作図
修正
B AutoCADの使い方の
コツ・技
その2
  • 作図のコツ【分割点の作成 オブジェクトの一部を隠す雲マークの技】
  • 修正のコツ 【トリム・面取りの技 尺度変更の技 文字編集】
  • ブロックの名前を変更できる「リネーム」 不要な設定の削除方法など
作図
修正
C AutoCADの使い方の
コツ・技
その3
  • 線の注釈尺度を理解する 優先Oスナップ・多機能グリップの活用
  • ブロックを応用するコツ【インプレイス参照編集とは?ブロック書き出しとは?】
  • オプション設定を変更して操作性を向上させる など
作図
修正
D 属性付きブロック
ブロック書き出し
  • ブロックの文字情報を挿入時に変更できるブロックを作成する
  • ブロック内の文字情報を編集する
  • ブロック内の文字情報をExcelで読みこめるファイル形式に書き出す
ブロック
活用
E ダイナミックブロック
  • 図形の形状を保持する「幾何拘束」機能を使用する
  • 設計条件に従って形状(サイズ)変更できるブロックを作成する
  • 配置先に合わせて角度や反転できるブロックを作成する
ブロック
活用
F ツールパレット
  • 自分のパレットを作成し、良く使用するコマンドやブロックを登録する
  • 同じ作業をするメンバーで共有する情報をパレットに登録する
  • 作成した共有パレットをサーバに保管し複数人で使用する
標準部品
共有化
G ページ設定・バッチ印刷
  • 印刷時の設定に名前を付けて保存する
  • 作成した印刷設定をレイアウト空間に適用する
  • 保存した印刷設定を利用して複数枚を一括で印刷する
印刷の
効率化
H 表機能の活用とExcelデータ連携
  • 表のタイトル・見出し・データの各セルに対する設定を作成する
  • 作成した設定を使用して表を作成する
  • Excelで作成した表をAutoCADに読み込み編集する
表機能
活用
J 画層ツール徹底活用
  • 画層フィルタを設定して目的の画層を探しやすくする
  • 各画層に描かれている図形を簡単に確認できる「画層閲覧」
  • 「合成画層」で複数の画層を1つにまとめる方法
画層ツール活用
K 異尺度混在図面を効率よく作成
  • 異尺度対応機能を寸法スタイルに追加する
  • 異尺度混在図面に寸法を効率良く記入する
  • 図面に配置した複数のハッチング表示尺度を合わせる
寸法
記入
L CAD標準を合わせる
テンプレート作成
  • 標準サンプルテンプレートを作成する
  • AutoCAD作図ルールを決め、業務を標準化する手順を確認する
  • 既存の図面に適切なスタイル設定を適用する
業務の
効率化
M シートセットを使った
テンプレート作成
  • 新規シートセットを作成する
  • シートセットカスタムプロパティを設定する
  • 図面に配置した表題欄にプロジェクト情報を表示する
ファイル
管理

どのコースを選べばいいか?を迷ったらコチラ AutoCADピンポイント講習の選び方